「響け!ユーフォニアム」3期第8話レビュー:合宿とオーディション

『響け!ユーフォニアム』3期第8話では、関西大会に向けた3日間の合宿が始まり、部員たちの緊張と期待が高まります。お馴染みの音楽指導者である橋本と新山も参加し、練習が一層熱を帯びます。

合宿初日の夜に行われるオーディションで、真由がついにソロパートに挑戦します。このエピソードの詳細とその魅力をお伝えします。

あらすじ

関西大会突破に向け、吹奏楽部は3日間の合宿を開始します。音楽指導者の橋本と新山も参加し、練習により一層熱が入ります。

大会ごとにオーディションを行うことになった吹奏楽部では、合宿1日目の夜に関西大会のメンバーを決めるオーディションが行われます。緊張感が漂う中、オーディション前に風呂場で真由と一緒になった久美子は、真由の心情に触れます。

感想

真由がついにソロを吹くことになりました。

3回のオーディションを行うことで、真由がソロを吹く機会が設けられることは予測していました。しかし、話の展開が予測できても、脚本や演出の巧みさで十分に楽しめるのがこの作品の魅力です。

久美子が真由に「北宇治のために吹くべきだ」と言った言葉には、幹部同士の会話から本当にそう思っているのか疑問が残ります。麗奈の意見が正しいと理解しつつも、塚本の「同じ実力なら3年が出るべき」という考えに賛同しているようにも見えました。今後、久美子の本心が垣間見えるシーンが楽しみです。

3期の『響け!ユーフォニアム』は1期や2期との繋がりを強調しています。今回も、久美子が朝方に「響け!ユーフォニアム」を演奏するシーンにその意図が見られました。

集大成となる3期では、これまでのシーズンとの繋がりを意識した描写がさらに増えるでしょう。

まとめ

第8話は、関西大会に向けた合宿とオーディション、そして真由のソロパートへの挑戦が描かれたエピソードでした。緊張感と期待が高まる中でのキャラクターの心情描写が光り、今後の展開に一層期待が高まります。次回も見逃せない一話となるでしょう。

公式サイト:https://anime-eupho.com
公式X:https://x.com/anime_eupho
京アニショップ:https://kyoanishop.com

タイトルとURLをコピーしました